低遅延と視聴者参加型が魅力的な配信サイトのMixerですが、
ストリーミング再生が主流になりつつある今、個人の通信環境によっては万人が同じコンテンツを楽しむのが難しい状況です。

今回は自分が配信中に視聴者さんにも説明している「重い・止まる・カクつく時の対処法」についてまとめましたので、困ったときに参考にしてみてください。

なお、今回の記事はPCで視聴される方向けの内容となります。
スマホ・タブレットの方は下記の記事をご覧ください。

【スマホ・タブレット用】Mixerで配信が重い・止まる時の対処法【2019年8月最新】

Mixerで配信が重い・止まる場合の原因

まずはじめに、どんな原因で配信が重くなる(もしくは止まってしまう)のかを知っておく必要があります。
Mixerはストリーミング再生という、常に通信を行いながらリアルタイムでの配信視聴を行っています。

回線速度が不十分

1番の原因は回線速度がモロに影響してきます。
契約しているプロバイダや、建物の環境、使用しているルーターなど、通信環境は十人十色です。

配信者の通信環境(アップロード)が十分である場合、視聴者の通信環境(ダウンロード)で視聴安定度が決まります。

動画配信サービスのHuluでは、3Mbps以上の通信速度が推奨されています。

ところが、MixerはFTL通信といってMixerが開発した独自の高速通信技術が採用されています。

多くの配信者はこの通信を行うため、通常のストリーミングサービスよりも高速な通信環境が求められるのです。

ですので、Mixerの推奨回線速度は5Mbps~10Mbps以上といっても過言ではないでしょう。

Mixerのサーバー不調

もうひとつの原因として、配信者でも視聴者でもなく、Mixer側が原因というパターンもあります。

Mixerは世界中で利用されているサービスなので、多くの人が同時にサービスを利用しようとした場合、Mixerで受け皿として用意しているサーバーがパンパンになって1人あたりの通信速度に影響がでることがあります。

もしMixer側が問題の場合は利用者側ではどうすることもできないので、運営の対応とサーバーの強化を待ちましょう。

Mixerの配信が重い・止まる時の対処法

では早速、PCで視聴しているときに配信が重かったり、止まってしまう場合の対処法をご紹介します。
あくまでも応急処置的な方法ですので、根本的な解決には回線速度が必要ということを忘れないでくださいね。

FTL(低遅延)通信をオフにする

先ほど少し出てきた言葉ですが、まずはFTL通信をオフにすることから試してみてください。

おさらいですが、FTL通信とはMixerが開発した超低遅延を実現する通信手法です。
0.2秒の低遅延を実現させるには相応の回線速度が求められますので、まずは遅延を妥協してオフにしてみましょう。

オーディオのみでの視聴にしてみる

最悪画面は見れなくても、どうしてもその配信者のところに居たいという方はオーディオのみでの視聴を試してみてください。
配信画面は見れませんが、配信者の声とチャット(コメント)は再生されていますのでコミュニケーションを取ることが可能です。

【PCでFTL通信をオフに、オーディオのみで視聴する方法】

まずはPC画面でのFTLをオフにする方法です。
画面右下にカーソルを合わせると、歯車マーク(⚙)が出てくるので、クリックしてください。

すると吹き出しで設定メニューが出てきます。
一番上の「低遅延」と書かれたチェックボックスにチェックマークが入っていると、FTL通信を行っている状態になります。
このチェックを外すことで通常の通信で配信を視聴することができます。

チェックを外すことによって遅延が発生しますが、リアルタイムなコミュニケーションをする配信でない限り問題ないですよね。

その下にある「オーディオのみ」のチェックを入れることで画面がブラックアウトし、音声のみの受信を行います。
文字通りオーディオのみの視聴となりますので、最低限のコミュニケーションを楽しみたい場合や、どうしても配信を視聴したい方は試してみてください。

画質の変更は人によってできない場合がある

「オーディオのみ」の下に「画質」という項目がありますが、こちらは配信者によってできる人とできない人がいます。
例えば、配信者が720pで配信しており、かつ配信者が有料会員であった場合は「720pと480p」の2つを選択することができます。

しかし、配信者が720pで配信していても有料会員ではなかった場合、画質は720pしか選択できません。

別のパターンですと、配信者がMixerのパートナー認定を受けている場合は「720p・480p・320p・160p」といったように細かく選択できる仕様です。

安定した通信環境が必要

結局のところ、これらは応急処置にすぎません。

Mixerの見直を最大限活かし、快適に視聴するには安定した通信環境を整えることが必要です。

NETFLIXやHuluなどのVODサービスを始め、Google STADIAなど今後はストリーミングサービスが中心となってきます。
インターネットの高速化もどんどん進むので、今一度お使いの回線を見直してみるのもアリかもしれません。

この記事が皆様の参考になると幸いです。

最終更新:2019年8月17日

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA